概説

§病院の役割と受診方法
病院とは、病気や怪我といった症状に対し医療というサービスを提供する機関の事である。現在、医療は対象部位や手法により非常に多くの分野に分かれており、症状が起こった特定の部位、あるいは想定される治療法を見極め、適切な医療サービスを受ける事が可能になっている。
歯科や耳鼻科を始めとした町の中にある小規模な病院は部位による専門性が非常に高く、扱う部位にはっきりとした症状が出ているのであれば便利な一方、地域の総合病院では全ての科目を扱っている為、自らの症状を総合案内に説明する事により最適な科目の紹介を受ける必要が生じる。

§がんの概要
がんとは、悪性腫瘍の一般的な名称である。
広い意味で使われる場合は肉腫も含まれ、血液の癌である白血病も含まれる。腫瘍の中でも悪性のもの限定での名称で、良性の腫瘍とは区別していて、増殖と転移で体内の正常な細胞を侵すものを指す。通常の細胞よりも分裂、増殖スピードが早く、一旦増殖し始めると周辺の細胞を次々と破壊していき、血液やリンパ液を利用して体の各部位に転移する。抗癌剤などを用いて進行を止める治療が一般的である。

§副作用が少ない免疫細胞療法
免疫細胞療法とはがん治療の一種であり、患者ごとに異なる免疫細胞をオーダーメイドで育成して育てることによる治療方法を指す。従来から用いられてきたがん治療における外科的手術、放射線治療、抗がん剤などによる化学的治療の3大治療法に次ぐ第4番目の治療方法として免疫細胞療法の効果が期待されている。
患者の持つ免疫細胞を体外で育成強化したうえで、再度体内へと戻すため、免疫細胞療法は副作用を生じることが非常に少なく、生活の質を高いレベルで維持することが可能とされている。

FAVORITES.

がん治療をするならこの病院!;NKクリニック


膵臓がんの治療で有名なクリニック│池袋がんクリニック

次世代型の乳がん検診を受けてみませんか?検診を検討しているなら早速予約してみましょう。
今までの治療とは違った免疫細胞療法は最先端医療で注目されている治療です。これからも頑張って治療を進めていきたい人へお勧めしたいです。